活動報告

エラスムス・ムンドウスEASED* プログラムの中間評価会議及びEASEDカンファレンスが開催されました

*Euro Asia Sustainable Energy Development

平成27年5月18日(月)-19日(火)の2日間に渡り,欧州連合が主催する研究・留学交流事業,エラスムス・ムンドウスEASEDプログラムの中間評価会議が岡山大学創立50周年記念館で行われました。本プログラムはEASEDプログラムのコンソーシアムである欧州6大学と日韓6大学および4協力機関のコーディーネターの他,英国総領事館,スペイン大使館,経済産業省,福島再生可能エネルギー研究所,マツダ自動車などから来賓を迎え,グリーンイノベーションに資する人材育成を国際的に取り組むことの重要性をテーマに,白熱した議論が展開され,有益な情報交換のカンファレンスとなりました。また,実際に移動した博士課程の学生たちのTestimonialやさらには,本プログラムのここまでの事業の成果が披露されました。また,本プログラムの最終募集に向け,移動の質を確保しつつ,活発な人材交流の実現に向けて取り組んでいくことが確認されました。

■欧州6大学
Centrale Supélec/フランス(幹事校)インペリアル・カレッジ/英国, ミュンヘン工科大学/ドイツ, ブリュッセル自由大学/ベルギー, マドリード工芸大学/スペイン), ミラノ工科大学/イタリア
■日韓6大学
岡山大学,東京工業大学,慶應義塾大学,早稲田大学,釜山国立大学校/韓国,韓国科学技術院(KAIST)/韓国
■協力機関
航空開発研究機構JAXA,韓国エネルギー科学院、T.I, M,E. Vogennkon Karman Institute for Fluid Dynamics

■関連サイト

http://embeam.ccsv.okayama-u.ac.jp/

http://archive.ecp.fr/en/J_erasmus_mundus/J3_erasmus_mundus_EASED/J3a_erasmus_mundus_ECW_objectives.htm

(問合わせ先:エラスムス・ムンドウスパートナーシッププログラム実施委員会 086-251-7037)

18日 パネル1-1

18日 パネル2-2

18日カンファレンスIMG_0675-2

18日全体記念写真 IMG_0734-2